債務整理をすると、なぜ借金が減るのでしょうか? 債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生といった方法がありますが、いずれにしても借金を減らすことができるでしょう。 ちなみに、自己破産も債務整理方法の一つですが、借金の支払い義務を免除されるのであって、借金が減るわけではありません。 債務整理をすると借金が減るのは、一つには債権者が設定した金利に問題がある場合が多いためです。 利息制限法という法律があり、その法律で定められた上限以上に設定された金利は無効となります。 もちろん、利息制限法の上限までは金利を支払わなくてはなりませんが、もし、これまでに上限以上に金利を支払っていたのなら、過払い金として返還請求できるでしょう。 また、弁護士に債務整理を依頼すると、将来的な金利や遅延損害金をゼロにする方向で話を進めてくれるはずです。 全ての債権者が同意してくれるとは限りませんが、少なくても金利は安くなる(適正になる)ことが多いようです。 それに、自己破産されて借金が全く回収できなくなるよりは多少なりとも回収できた方がマシですから、債権者も借金の減額に応じてくれるのでしょう。